フォト
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月25日 (土)

福島の甲状腺がん多発、行政や医療関係者の「原発事故と関係ない」の主張はデータを無視したデタラメだ

リテラ「福島の甲状腺がん多発、行政や医療関係者の「原発事故と関係ない」の主張はデータを無視したデタラメだ」より

Fukuhimachernobyl

福島第一原発事故から6年、懸念される放射性ヨウ素被曝による子どもたちの甲状腺がん。
事故当時18歳以下だった甲状腺がんまたは悪性の疑いのある患者は185人。(2017年2月20日 福島県「県民健康調査」検討委員会)

環境疫学の専門家である津田敏秀・岡山大学大学院教授は、2015年、福島での甲状腺がんの分析結果を発表、同年10月8日には「日本外国特派員協会」で会見を開き、
「福島県内の子どもたちの甲状腺がんの発生率は全国平均の20〜50倍で今後さらに多発する可能性は大きい」
と警告した。

リテラによる津田教授へのインタビュー要旨は以下。

(「スクリーニング効果」と「過剰診断」により見かけ上増えているに過ぎないとする主張に対して)
「甲状腺がん、特に小児甲状腺がんにおいて、スクリーニング効果、過剰診断がほとんどないことはすでに実証されている。」
「福島の被曝線量は各地でバラツキが大きく、数値が低い所と高い所では2桁も差がありました。」
「チェルノブイリとの比較において、重要なのは福島の人口密度が圧倒的に高いということ。福島県の南のほうは人口密度が高く、そして放射能プルーム(放射性物質が大気中を雲のように流れていく現象)は南に流れている。そうすると、被曝線量が低くても(発症)数としては高くなる。」
「小児甲状腺がんは“放射線の内部被曝によってすごく増える”ということは国際的にも認められている事実。他の増えるという要因がない。福島でこれだけ見つかっているということは逆に、被曝線量がそれなりに高かったと言えます。」

(「県民健康調査」検討委員会が、“チェルノブイリ事故後に甲状腺がんが多発したのは事故から5年後、福島ではがん発見が1年から4年と早い”。だから、甲状腺がん増加を放射線の影響や因果関係と考えにくい、としていることに対して)
「事故の翌年からベラルーシでもウクライナでもロシアでも多発し始めている。
ベラルーシ国立甲状腺がんセンターの統計でも、少なくとも翌年から増えている。
3年以内に甲状腺がんの過剰な症例が観察されたことを示すチェルノブイリのデータもある。」

「今後、甲状腺がんの手術が激増していきます。
(チェルノブイリのデータから)子どもだけでなく事故当時19歳以上の方が数的には増加するはず。
しかし甲状腺の外科医は多くないので、甲状腺の外科手術ができる医師を戦略的に増やし、手術までの待ち時間を短くしなくてはなりません。」
「白血病も潜伏期間が過ぎている。
2011年内だけの被曝量から推論したWHOの2013年2月の発表でも、
・甲状腺がん
・乳がん
・白血病
・その他の固形がん
・がん以外の病気
も一定程度多発するとされています。
今後の福島の人々の健康を調査、ケアするためにも、18歳以下の検診だけではダメです。
全体の数を把握するためにも被曝手帳のようなシステムを作る必要がある(被曝者手帳の配布やがん登録の充実)。
福島だけでなく、近隣、特に栃木県や茨城県などにも導入した方がいい。」

(国は3月末から、年間線量20ミリシーベルト以下になった地域の避難指示を解除することを決定したことに対し)
「それは間違った情報にもとづく、完全に誤った判断です。
被曝は、できるだけ簡単な方法で、避けられる被曝は避けたほうがいい。
何ミリシーべルト以下なら大丈夫ということない。
国際放射線防護委員会(ICRP)が定めた年間1ミリシーベルトくらいを目安として守ったほうがいい。
「20ミリシーベルト以下」という数値設定はあまりに高すぎ。
毎年全員がCTスキャンを受ける高さ。
そんな場所にすべての年齢の人たち、子どもから妊婦まで住まわせるなんて、おかしいことです。」

****************
この善意の医師の言葉が、日本政府に届いて欲しい。

2017年3月13日 (月)

「東京が1mSvなのに、なぜ福島は20mSv?差別でしょ」

リテラ「安倍政権が見捨てた福島・飯舘村から悲痛な叫びを『報ステ』が報道「東京が1mSvなのに、なぜ福島は20mSv?差別でしょ」

 安倍政権は3/10、福島第一原発がある双葉町と大熊町の一部を除き、
・帰還困難区域などを除いた全地域で、避難指示解除を決定。

すでに2017年3月末に
・飯舘村の帰還困難区域を除く全域
・川俣町の一部地域
の避難指示を解除することが決まっていた。

同時に
・「自主避難者」に対する仮設住宅の無償提供など
の支援を打ち切る。
県が把握する「自主避難者」は、昨年10月時点で1万世帯以上。

国は、放射線量が年間20mSv(ミリシーベルト以下になった地域から避難指示を解除する。
これは一般の被曝限度である年間1mSvの、実に約20倍。
事故直後、内閣官房参与だった小佐古敏荘東京大学教授が「この数値(年間20ミリシーベルト)を乳児、幼児、小学生に求めることは、私のヒューマニズムからしても受け入れがたい」と涙ながらに訴えて、参与を辞任している。

3/9の報道ステーション(テレビ朝日)では、福島第一原発から約40kmの飯舘村から中継を行った。
飯舘村の酪農家・長谷川健一さんの庭先で線量を調べると、毎時1.2〜1.3マイクロSvを計測。除染基準 毎時0.23マイクロSvの約5倍の数値である。なぜ、こんな高い数値が出るのか。長谷川さんは、「山が(放射性物質の)供給元だと私は思う」と語る。実は、飯舘村の約7割を占める山林では除染はほとんど行われていないのだという。
Hasegwakenichi
長谷川健一さん

そもそも年間20mSvという被曝限度の基準はどこにあるのか?
ICRP(国際放射線防護委員会)の勧告であるのだが、
「年間20ミリシーベルトの被曝は長期間続くと安全ではない。ICRPでは『事故後の落ち着いた状況では放射線防護の目安は1〜20ミリの下方をとるべき』と勧告している」
という値なのである。
つまり事故直後であるならばいざ知らず、事故後6年も経た段階で、20mSvを基準として避難解除することは、原発推進側のICRPの基準すら逸脱している。

長谷川さんは言う。
「東京が1ミリ(シーベルト)で、なんでここが福島が20ミリなんですか? まったくの差別でしょ、こんなのは」
「ものすごい私は怒りを覚えますよ。なんでわれわれだけがそうなんだ」
「その尺度はどうやって決めたんですか。だから安全なんですか? 誰もわかりません。それじゃおかしいでしょ」

被曝の問題だけではない。避難指示解除に伴う賠償金の縮小、打ち切りも大きな問題だ。
・商工業者への賠償:2016年度で打ち切り
・住民一人あたりの慰謝料:2018年3月までに打ち切り
・避難指示が解除後、そこに住まなくても土地や建物の固定資産税が発生

どこまでひどい国なのか、この国は。

2017年3月12日 (日)

映画「ザ・思いやり」

日本政府が米軍駐留に支払う「おもいやり予算」の実態を暴いた映画。監督:リラン・バクレー。

薄い壁の仮設住宅に住む石巻の避難民の方たちが、駐留米軍の贅沢な”無料の”住宅を見て、呆気に取られます。

ドキュメンタリー映画『ザ・思いやり予算』から

横須賀基地の思いやり予算問題を語る呉東氏

「……では、あなたのような納税者が横須賀海軍基地に出向いて、『この立派な高層住宅は日本の納税者のお金で建てたものだ。私もその納税者の一人。ぜひ、ここに住んでみたいんだが……』と掛け合ったら、この高層住宅に住むことができますか?」

「まさか! それはできないでしょう……」

弁護士で市民運動家の呉東正彦氏(53)の説明によると、思いやり予算で建てられた施設には、豪華な高層住宅、ヨットハーバー、スポーツ施設、リクレーション施設、コミュニティセンター、学校、保育施設、それに原子力空母を含む軍艦の係留施設、銀行、ホテル、ゴミ処理施設などがあるという。

横須賀市の三笠公園から湾の向こうにある基地を見渡しながらバクレー監督が呉東氏に尋ねた。

横須賀基地を見渡せる三笠公園から

――  ここから、高層住宅がいくつか見えますね。一棟につきどれほどの税金がつぎ込

まれているのでしょうか?

呉東氏:一棟で数十億円です。

――  一棟で数十億円?

呉東氏:はい、一棟で。

――  日本の納税者が払っているんですか?

呉東氏:そのとおりです。

――  日本人の住居の平均的な間取りと広さと比較すると?

呉東氏:ベッドルームは三つ、バスルームは二つ、広いキッチンとダイニング、洗濯機、乾燥機、エアコン完備、面積は一般日本人の住居の倍です。

――  倍ですか!?

呉東氏:そうです。倍です。

――  米軍の人たちの家賃はいくらですか?

呉東氏:タダです。

――  家賃を支払わなくてもここに住めるということでしょうか?

呉東氏:そうです。

――  電気やガス、水道などの料金は? いくら払っているんですか?

呉東氏:電気代、ガス代、水道代を支払っていません。すべてタダです。

――  電気代すら払わなくていいと?

呉東氏:はい。

――  じゃぁ、ここに住めば、暑い夏に一日中エアコンをつけっぱなしにしても、

電気代は全く払わなくていいんですか?

呉東氏:その通りです。私が聞いた話では、ここの住人は休暇で数週間留守にするとき、

日本納税者の税金で建てられた米軍横須賀基地の施設(赤塗り)をクローズアップ

エアコンをつけっぱなしにして出かけるそうです。そうすれば、帰宅したときに

部屋の中が暑くないですから。

――  それはいい! ここに住みたくなりました!(笑)

日本人はこのことを知っていますか?

呉東氏:知っている人はあまりいません……今のところは。

2017年3月 2日 (木)

森友学園 インチキ土地取得と極右教育 名誉校長は安倍昭恵(バレたら慌てて辞退・・・)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック