フォト
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月 7日 (日)

トリチウム水 基準超す放射性物質、東電が再処理の方針表明

Tritium_water_tank

河北新報「<トリチウム水>基準超す放射性物質、東電が再処理の方針表明」
10/1、政府小委員会は、トリチウム以外の放射性物質について、東電は敷地内のタンクに保管する処理水89万トン(8月時点)のうち8割に当たる75万トンの濃度が排水基準を上回り、最大で基準値の約2万倍に上ることを説明。「環境に放出する場合は2次処理をする」と明言しました。
ALPSで処理された汚染水はトリチウム以外の核種は除去されているはずでしたが、実際にはヨウ素129、ルテニウム106、テクネチウム99、ストロンチウム90が過半数の測定で検出されていました
現在の処理水の保管量は約94万トン。東電は敷地内のタンク建設は容量137万トンが限度としています。

原子力規制委員会の更田豊志(ふけたとよし)委員長は「保管が長引けば長引くほど廃炉に影響が出る」として、トリチウム水の保管に対し否定的な考えを示しており、海洋放出を「現実的な唯一の選択肢」と主張しています。

ハーバー・ビジネス・オンライン「東京電力「トリチウム水海洋放出問題」は何がまずいのか? その論点を整理する」

 トリチウムは、水素の放射性同位体で、水素とほぼ同じ化学的、物理的性質を示しますので、水から分離することがたいへんに難しく、半減期は約12年で、安定元素のヘリウム3に変わります。
 「水として体内に摂取した場合の生物学的半減期は約10日、有機物として摂取した場合は40日で、多くは水として取り込まれますので、「体に取り込みやすく出て行きやすい」放射性物質です。また水ですので、体の特定の部位に集まって滞留すると言うことは起こりにくいです。
 従って、大量のトリチウムを摂取する、常時微量のトリチウムに晒されるといったことがない限り、大きな害は起こりにくいです。 
一方で、長年の原子力施設からの放射能漏れにより定常的にトリチウムに晒された結果、周辺住民に大きな健康被害が出たとしていまだに争われているNY州ロングアイランドのような事例もあります。」(牧田寛氏)

しかし、
タンク内のトリチウム量:約1000TBq(T:テラ=1兆)
事故前のトリチウム放出量:2TBq
よって、現時点で500年分のトリチウムが保管されていることになります。
国と東電はこれを7年で放出完了させようと目論んでいますから、非常識極まりないことです。

先にも述べた通り、他の核種と違い、身体の特定部位に貯まることは起きにくいとはいえ、水同様に取り込まれ、身体中を巡ります。そしてベータ崩壊でヘリウムに変わるときに、結合が切れてしまいます。そのときに遺伝子を傷付ける恐れがあります。トリチウムが危険視されるのは、この点です。

安易な海洋放出は絶対に認められません。

2018.10.7 第26回「原発はいらない西東京集会&デモ」開催!

10/7、原発はいらない西東京集会実行委員会・主催で、脱原発を訴えるデモが行われます。

http://nonuke-ntyo.cocolog-nifty.com/
2018年10月7日(日)

14:00~ 集会 西東京市田無庁舎市民広場 (南町)

14:30~ デモ 市民広場~市役所通り~武蔵境通り~踏切~青梅街道~谷戸新道~西東京いこいの森公園(谷戸町)
181007_tanashihibari
15:30~16:30 ミニライブ 西東京いこいの森公園(谷戸町)

出演 TOMASA しゅうやん

主催:原発はいらない西東京集会実行委員会

ぜひご参加ください!

2018年10月 2日 (火)

西東京市議会で「東海第二原発運転延長反対」意見書が採択!

10月1日、西東京市議会で、「東海第二原発の運転延長を行わないことを求める」意見書が採択されました。

以下、原発はいらない西東京集会実行委員会事務局からのEメールを再構成して掲載致します。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今年の8月14日から請願運動を始めました。6市民団体が共同提出。紆余曲折あり、紹介議員は無所属の森てるお議員だけで、当初は委員会通過も困難と思われましたが、多くの皆様のご協力により、会派まわり・署名運動・チラシ配布の駅頭街宣・ハガキ作戦等の展開で、東海第二原発運転延長に反対する請願が通りました。

○西東京市議会での経緯
9月19日、午後6時35分より企画総務委員会が開催されました。まず請願署名数9月6日223筆、9月18日735筆、合計958筆と報告。
自民党は書面審査を求めましたが、保谷清子議員(共産党)と納田さおり議員(無所属)が質問ありと意思表示。質疑となり、紹介議員の森てるお議員が答弁席に。

保谷議員、納田議員が賛成側としていくつか確認するような質問を行い、続いて佐藤公男議員(公明党)が意見として、党の公約を述べ、よって、請願に賛成と表明。

最後に遠藤源太郎議員(自民党)が、将来的に原発はなくすべきと思うが、太陽光や風力は安定せず、火力はCO2排出し地球温暖化につながる。専門的なことは判断し難いが、原子力規制委員会の判断に委ねるのがよいと意見を述べました。

採決に入り、たきしま喜重議員(みらい)、保谷・納田・佐藤議員4人が賛成の挙手。自民3人が反対で、採択されました。

その後、請願は国に意見書提出を求めているので、議員提出議案として国に提出することを決め、7時5分に閉会。

9月議会最終日の10月1日午後7時45分頃から、企画総務委員会委員長が請願が採択され議員提出議案で意見書を提出することを報告。続いて賛成討論を公明党の佐藤議員、生活者ネットの後藤議員が行い、採決で18対8の賛成多数で採択されました。自民党以外は賛成でした。
議員提出議案の意見書は討論なしで直ちに採決、同様に18対8賛成多数で採択されました。

請願・意見書が採択されたのは東京では初めてでした。
取組み始めて1カ月半の短期間でしたが、皆様のご協力で運動が実りました!肩の荷がおりた感じです。なお、請願署名は、第3次提出分を含め1053筆となりました。


「意見書」をダウンロード

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック